セツヤク雑記〜田舎OLセツヤクの心得〜
 TOP
 

  冬の節約術


 光熱費…ワタシは実家に住んでいますので光熱費としてお金を支払ったことはありませんが、私の部屋には冷暖房がなく、冬は極寒・夏は灼熱のマイルームです(涙)。
 エアコンを買えばいいのですが「実家のマイルームに投資しても嫁に行ったら無駄になる」とセコイことを考えて早○年(涙)。
 ここまできたら最後まで暑さ寒さに耐えてやる、と節約を兼ねて暑さ寒さをしのぐ方法を考え実践しています。

●毛布は布団の一番上に
 冬は布団や毛布を何枚か重ねて寝ていると思いますが、冬布団を一番上にしている人が多いと思います。極寒の環境で発見したのですが、実は毛布を一番上にすると保温効率が高まって、下に敷くよりもずっとぽかぽかなんですヨ。冬布団が羽毛の場合はさらに保温効果バツグンです。
 一度試してみてください。

●すのこベッドを暖かく
 すのこベッドに布団を敷いて寝ているのですが、夏は涼しくていいすのこベッドも、冬は冷気が直接下から攻撃してきます。この冷気を防ぐために、いらなくなったダンボールを布団とすのこの間に敷くと、とても暖かいのです。紙は保温効果抜群なので格安で冷気を防げます。電気毛布なんていらないくらいポカポカ。すのこベッドをお使いの方は試してみてはいかがでしょうか?

●湯たんぽはポットのあまり湯を利用
 湯たんぽ愛用者のワタクシですが、わざわざお湯を沸かしたりしません。
 ポットの残り湯をそのまま湯たんぽに入れております。
 お風呂の残り湯はぬるいので利用しません(苦笑)。パスタオルをリメイクした湯たんぽカバーでくるんでおけば、朝になってもほんわかとあったかいですよ。

●机の下でも湯たんぽが活躍
 パソコンデスクに向かう冬場、足元が寒いですよね? 足元専用のヒーターを使ったり毛布やソックスで防寒している人も多いと思います。
 ワタシはカバーで巻いた湯たんぽを床に置いて、その上に足を乗っけてます。足元からポカポカですよ。モチロンそのまま布団の中に持ち込んで朝まで利用します。

●首周りを保温する
 部屋の中でマフラーをするのはわびしさを感じてしまいますが…実は首周りを保温すると、体全体があったかくなるんですよね。
 首はリンパや血液が流れています。
 そこがむき出しのままだと、他の部分を暖めても血液が首を通過するときに冷えてしまうのです。
 冷えてしまった血液が全身に送り出されたら・・・体が冷えるのも当然ですよね。
 外出には使わなくなった古いマフラーで十分です。
 着なくなったフリースのカットソーを手ごろなサイズに切り取ってもOK。
 首周りを保温して、暖房費を浮かせましょう。


2006.11.22 追記
【PR】送料無料でご自宅まで集荷いたします。eBOOKOFFのらくらく買取サービス! 
リサイクルショップと質屋の買取ネットワーク「おいくら」  
セツヤク雑記
天国とお金
クーポンマガジンの厚さに唖然
家族の協力
節約は一人では出来ない
冬の節約術
節約とエコロジー
物欲との戦い