セツヤク雑記〜田舎OLセツヤクの心得〜
 TOP
 

  物欲との戦い



節約してて一番の敵は、物欲です。
必要なものは買わなくてはいけませんが、必要でないものは買わないでおく。

それが節約です。

しかし…必要じゃなくても、欲しくて欲しくてたまらないものがあったりしませんか?
カバン大好きな人は「節約しててもカバンは絶対に買う」とか、コスメ大好きな人は「コスメだけはケチらずに贅沢したい」とか。

生きる(生命をつなぐ)のに必要なものだけを購入して暮らしてゆく…それで満足できるのならばいいのですが、人間って、そんなに簡単じゃないですよ。
それに「必要ないものは排除」なんて人生、つまらない

「何かが欲しい」と思うから、手にするために努力をするのだし、「手に入れたい」という思いが無かったら、きっと努力は中途半端に終わる。

節約してても、節約をする理由が無ければ「節約=苦労(苦痛)」でしかなくなるんですよね。

もちろん「欲しい」と思うもの全てを手に入れることはできません。
できるように努力くして、達成すればすごいことです。

でも、たとえば「○○を買いたい」という物欲の場合、その商品が本当に欲しいものなのかどうかを、自分自身がちゃんとわかっていないことって、ありませんか?

あなたが「欲しい」その商品は、本当に欲しいものですか?
他のいくつかの「欲しいもの」と較べて、「一番欲しい」と思っている商品ですか?

手ごろだから、とりあえず手が届く商品だから。
そんな「妥協」はありませんか?

「妥協」の混じった物欲を満足させることはできません。
妥協して買った商品だから、納得してない部分が、商品を使わなかったり、使っても丁寧に扱わず壊してしまったり…結局「無駄遣い」になってしまうんです。

妥協せずに購入した商品は、購入者にとっては「やっと手に入った大切なもの」です。
だから愛着を持って使えるし、大切に扱います。
長持ちするし、満足感も大きい。

こういうお買い物が、本当の「節約」でもあるんです。


ワタシもなかなか物欲をコントロールできません。
そのおかげでたくさん失敗もしました(涙)。

『商品を見て「欲しい」と思ったら、少し時間を置いてから、もう一度検討する』

これが物欲のコントロールには一番いい方法だと思います。
その場で瞬間的に思った「欲しい」は、実は「どうでもいいけど、あればいいな」という程度の「欲しい」でしかないことが多いのですから。


己を戒めるために、物欲ノートを作るといいですよ。
普段使っている手帳の1ページを使って、欲しいものをメモしておきます。
しばらくしてから、本当にそれが欲しい商品なのかどうかを自分に問いかけます。

どうしても欲しいなら、家計をやりくりして頑張ります。
そうでなければ、買わない。

物欲のコントロールも、無理の無い方法をとりましょうね。


カワモトの物欲ノート
2006年11月時点での欲しいもの
・自転車…自転車通勤用に、ギアつきのものを。4万円程度
・炊飯器…家族の炊飯器とは別に、個人用を。発芽米を炊きたい。2万円程度
(もしくは、ご飯の炊ける圧力鍋)
・12月の新刊書籍…5冊 4500円程度
・冬物の服 1〜2万円程度


 物欲ノートがどういう結果になるのかは・・・来月までおあずけ、ということで(汗)。

2006.11.22
セツヤク雑記
天国とお金
クーポンマガジンの厚さに唖然
家族の協力
節約は一人では出来ない
冬の節約術
節約とエコロジー
物欲との戦い