節約できるかな?〜田舎OLセツヤクの心得〜
  ■TOP

■健康で節約できるかな?■

〜美も健康も経済的に〜

 健康を損なえば当然医療費がかかります
社会保険も3割負担です。思わぬ病気はオシャレにも影響します。

 会社の健康診断を利用しよう

 会社の健康診断や人間ドックは必ず受けましょう。

 自費で人間ドックを受けるとバカ高いですが、会社の紹介だと大抵格安になりますし、会社によっては全額負担してくれることもあります。
 1年に1回ちゃんと検査してもらえば、大きな病気も早期発見なら治療は簡単ですし、健康体に戻るのも早いですしね。

 会社で健康管理のサポートをしてもらえない、という方にはこういうのもあります。
 →  自宅でカンタン健康チェック・クイック検診 & 自宅でカンタン性病チェック・クイック検診

 予断ですが、闘病生活はオススメできませんよ〜。
 病室はプライバシーもプライドもなくなる飼育小屋ですから。
 患者同士で病気の情報交換をしますから、余計な知識がついて不安になるし、疑心暗鬼に凝り固まって医者を信じられなくなります。

 ストレス溜まります、ホント。
PR
生活習慣病検診・男性ガン検診・女性ガン検診・胃ガン検診・大腸ガン検診・肺ガン検診など
1.Webサイトにてお申込みの手続き→ 2.検査キットをご自宅に送付→ 3.付属説明書に従って検体を採取 → 4.同封の返信用封筒で送り返す これで終了です。
 自分の体を知ろう  

 女性は生理とか排卵周期とか、それなりに自分の体を知っています。
 だったら子宮周辺だけじゃなくて胃や腸や心臓や肺のこともきちんと知っておくといいですよ。
 知っていれば管理できます。

 またダイエットも自分の体の状態を知っていればこそ効率的にできるのです。
 私はタニタTANITA体組織計を使っています。
 体重、体脂肪率はもちろん内臓脂肪、 基礎代謝、筋肉、骨量が測れるので、毎日手帳にメモしています。

 半年メモってますが、決まった時期に太ってたり痩せてたりするのが一目瞭然。
 面白いです。

 このデータをもとにきちんと計画を立てれば、効率よくダイエットできそうです。


 肥満(デブ)は不経済

 私は健康体です。だから「病気=風邪、インフルエンザ、盲腸」くらいの認識しかありませんでしたが、実はデブが引き起こす深刻な病気というのがあるんです。

 ■肥満が引き起こす病気
 糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化。
 またさまざまな合併症も起しやすく、睡眠時無呼吸症候群・脳血管障害・心肥大・狭心症・心筋梗塞・脂肪肝・胆石症・卵巣機能障害・子宮体がん、妊娠中毒症・腰痛症・変形性関節炎など。

 これらの病気にかかってしまったら、当然医療費がかかります。
 いくら医療保険があっても、病気が原因で仕事を辞めなくてはならなかったり、治療以外の出費がかさんでしまったり…といったことを考えると、病気にはなりたくありませんよね。

 健康は自己管理だけではキープできませんが、少なくとも太りすぎは自分で管理できます
 それにね、デブよりもスマートなほうが見た目もいいし似合うお洋服が多いのも事実。
 女はみんなキレイになりたいのです。

 キレイになって健康キープできて医療費がセツヤクできる…ダイエットしなきゃね。

 心の健康も節約の一つです

■ストレスは不経済


 ストレス=不満
です。
 会社で失敗をした。人間関係でトラブルを抱えてる。心配事がある。お金がない(笑)。

 ストレスは発散させなくてはなりません。
 じゃないと病気になってしまいます。でもね、女性独特のストレス発散方法は、ハッキリ言って不経済極まりないのですよ。
 ・ストレス発散のお買い物→買った品物の3分の2は未使用のまま闇に葬り去られます。
 ・発散食い→ストレスが溜まると甘いものが食べたくなります。気がはれるまで食べると…太ります。
 ・タバコ→肌が荒れます。
 ・酒→程々ならいいのですが、過ぎると体を壊します。酔っ払って悪癖の出る方は呑まないほうが…。

 ストレスの原因解決は難しいものです。
 だから人間は代替行為で満足を得ようとする。だったら経済的なストレス発散をしたいですよね?
 私のストレス発散方法は創作活動です。

 創作…なんだかご大層に聞こえますが、単に何かモノを作ることなんですよ。
 母のミシンで巾着を作っています。
 かばんの中の小物をまとめて入れるだけなので、下手くそでもブキッチョでも問題ありません。

 休日の午後、チクチクと創作しています。
 いろんなサイズのを沢山作りました。
 旅行に行くときにも便利です。(着なくなった洋服をリサイクルしていますので、材料費はゼロ。もらい物のバスタオルで作った巾着は湯たんぽカバーになりました〜)

 お裁縫が苦手な人は、たとえば絵を描いてみるとか、デジカメで写真を撮ってポストカードを作ってみるとか、新しい料理レシピに挑戦してみるとか、ネイルアートに挑戦してみるとか…自分の得意な分野で、ちょっとだけ背伸びして創作をすると、出来上がったときの満足感がストレスを和らげてくれます。

 また思考の転換として何か資格を取得するのもいいかもしれません。試験に合格すれば、達成感は大きいし、今後の転職にも役に立って一石二鳥。
 面白いところではこんなのもあります↓ 
うどん店開業を目指すならプロ養成 「さぬきうどん学校」 香川本校・東京校
新規開業情報満載・失敗しない店作りノウハウなど今すぐアクセス

 予断ですが、高松在住の友人は「高松人はリストラされたら職安に通うよりも先に讃岐うどんの修行をするよ。高松に住んでいる限り、うどんを打てたら食べていけるの」といいます。
 ローカルなネタですが、高松に財中の方は挑戦してみるといいのでは?

 芸術系のスクールなら「公募ガイド社」が主宰する↓創作系インターネット通信講座なんかがいい感じです。作曲・作詞・小説・イラスト…と趣味として楽しむもよし、腕を磨いて公募で賞金を獲得すればなおラッキー。プロになれる…かもしれません。





■恋愛は不経済…かな(苦笑)? 

 恋愛は…損得で測ってはいけません。
 気持ちをお金で計算できる人(しがちな人)でも、心のどこかでお金に代えられない感情がありますから。

 けれど、恋愛で損をすることも得をすることもあることは確か。
 じゃあ損をしない恋愛ってナンだろう? 私は、継続中の恋愛も、終わってしまった恋愛も、最後のときに後悔すればそれは「損」をしたことになると思うんです。

 恋人同士お互いに何かを吸収できて、自分に経験として残る恋愛が一番ベストです。
 が、世の中そうは上手くゆかない(涙)。
 とりあえず、お互いに自立していて、でも遠慮なく甘えられる関係がベストかな。

 私の恋愛感はおいといて、お金の貸し借りは人間関係を崩してしまうのは、友人も恋人も一緒です。
 ただでさえ収入の少ない田舎OLの財布にタカル男は、別れたほうがいいですヨ(誰とは言いませんが…)。

 ワタシ的結論。後悔しない恋愛は「得」。



■買い物依存症という病気

 不安から、ストレスから、あるいは理由のない強迫観念から、買い物をしてしまう人がいます。
 物を買うことで安心し、その後「また買ってしまった」という自責の念がストレスになる。
 やめなきゃとわかっていても買わずにはいられない…一日に50万円を使ってしまった彼女は、買った品物を分析することで妙案を思いつきました。

 彼女にとって買う商品は何でも良かったんです。

 高くても安くても、とにかく沢山の商品を入手することで安心感を得ていたわけです。
 そこで彼女はショッピング心がうずうずしはじめたら「沢山買っても高額にならないお店」に行くようになりました。

 100円ショップです。

 100円の商品を50個買っても税込5250円。
 一日に万単位のお金を散在することがなくなってから、買い物に対する罪悪感が少しずつ薄れていき、依存症は少しずつ良くなりはじめました。

 先日、何かの番組で「ショッピングはプチ恋愛」みたいなことを言ってました。
 恋愛もショッピングも依存するだけではダメなんですね。
 一緒に楽しまなければ。

 罪悪感を持たずに買い物を楽しめるようになりたいものです。




+節約できるかな?+ 
カンタン節約5ヵ条
日々のちょこっと節約術
手数料を節約しよう  
健康で節約できるかな?
 1.会社の健康診断を利用しよう
 2.自分の身体を知ろう
 3.肥満は不経済
 4.心の健康も節約の1つです
サンプルもらって得をする
クーポン活用のススメ
お弁当作ってランチ代を節約
 節約OLのお弁当日記(ほぼ毎日)
お財布活用術
+(プラス)袋わけで支出を管理
節約したって楽しい旅行
税金は節約できるのか?
クレジットカードで得をする
捨てない生活

▼オススメサイト
CMサイト
 CM見てポイントをためるサイトです。
Yahoo!リサーチ・モニター・ライト
 Yahooポイントが貯まる!
ECナビでポイント貯めてキャッシュバック!
 アンケートで、お買い物で、メール受信で
買取ショップ「おいくら」
 不用品を買い取ってもらおう!
イーレディ株式会社
 ブランド品専門買取ショップ
保険の窓口 インズウェブ
 自動車保険見直しキャンペーン実施中