田舎OLセツヤクの心得〜自宅通勤(田舎)独身OLはそんなにお金持ちじゃないゾ!〜

 

 


■田舎暮らしの良いトコロ■

 ●時間配分

 田舎にいる利点、といわれてもぱっと思い浮かばないのですが…そこがいいところかもしれません。不満はあっても、それは「ガマンできない」モノではないし、ちょっと不便ってだけで手段を変えれば不満は解決する。

 で、ゆっくり考えてみると…田舎と都会では時間の配分が違うなぁと思います。
 時の流れは万人に共通のハズですが、田舎にいるときと都会に出ているときでは、何故か時間の余裕が違う。
 何かを行動するとき、田舎にいると融通が利くんですよ。誰かと待ち合わせをしていても、少し遅れそうになっても移動の過程で何とか調整ができてしまう。でも都会にいるとそれができないように思うのです。
 都会に住んでいるわけではないので、↑はワタシの勝手な思い込みかもしれませんが、仕事や遊びに出かけたときの体験からすると、都会にいるときは常に時計を確認しなくてはいけなかった。
 時々ならそれもいいのだけれど、毎日となるとワタシには無理、かなぁ。

 ●四季

 季節のニオイ、四季の香り。
 自宅の周りには山や川があり、季節のうつろいは常に視界にあります。真夏に緑のある場所にいると、とても清々しいとか。何気に香りがして、見れば季節の変わり目だったりとか。
 田舎イコール自然というのは安直ですが、都会にいては感じられない空気の香りは、生活の中にあって欲しいのです。