節約マイカー・ライフ〜田舎OLセツヤクの心得〜
   ■TOP

  自転車通勤で節約の結果

  一石二鳥どころか、一石三鳥だった「自転車通勤」


 まずは1鳥目

 痩せました。

 体重は変化ありませんが、体脂肪率が微減。
 一番変化がハッキリしたのは、ウエスト・サイズです。

 恥ずかしながら・・・2006年はリバウンドの年でした。
 2005年の7月に測ったウエストサイズは66.3センチだったのに、2006年の9月のウエストは・・・
 72センチもあったんです(号泣)。

 これは・・・これは酷すぎます(涙)。
 自転車通勤でダイエットでもできれば・・・と思ってましたが、1ヶ月でウエストは68センチまでダウン。

 −4センチですよ!!

 自転車通勤・・・自転車をこぐ運動は、フィットネスクラブ等でも盛んですよね。
 自転車こぎは立派な有酸素運動。
 通勤時間の60分を1日おきに有酸素運動していたわけです。

 あとは体脂肪率が減って欲しいのですが・・・まあ贅沢ばかり言ってはいけません。
 自転車通勤の師匠は、
 「自転車で体重と体脂肪率が減るのは、3ヶ月くらいかかるから気長にね」とおっしゃってましたし。

 自転車通勤を続ければ、ゆっくりと痩せるに違いないと思っています。



 2鳥目

 眠れるようになった。

 ワタシはすごく寝つきが悪かったのです。
 布団に入っても、1時間は絶対に眠れなかった。
 そして朝は起きるのが本当に辛かった。

 それが、自転車通勤を始めてからは寝つきがよくなったんですよ。
 いつものように枕もとの電気をつけて、「眠れないだろうなぁ」とぐずぐずしているハズが・・・ストンと眠りに落ちているんです。
 以前は、朝起きた後に疲労を感じていたんですよ。
 睡眠で疲労の回復ができてなくて、週末に一日中寝ていたくらいです。
 なのに自転車通勤を始めてからは朝の目覚めがスッキリ。
 疲労感などまったくナシです。

 適度な運動による疲労が、快眠へと導いてくれたようです。

 これ、人によっては「たいしとことじゃない」と思われるかもしれませんが、ワタシにとってはかなり大きなメリットです。

 3鳥目

 ガソリン代の節約

 1日おきの自転車通勤。
 自転車を使う費は、当然マイカーはお休み。
 ガソリンも使わないわけです。

 時点氏や通勤を始める前に、最後に給油したのは10月13日でした。

 月に2回の給油の内訳は、1回の給油で25リットル。
 現在(2006.11)のガソリン価格がだいたい130円なので、
 25リットル×130円×2回=6500円

 ところが、自転車通勤を始めてからは1度も給油していないんです。
 ガソリンが減らないんですよね。

 月の給油が半分になるとしたら、毎月3250円浮くわけです。
 3250円×12ヶ月=39000円
 1年だと、39000円も節約できててしまいます。

 この試算は、マイカー通勤を半分続けるという前提ですので、もしも完全に自転車通勤オンリーにしてしまえば、毎月の月極め駐車場代6000円(年間72000円)も浮くので、全部あわせて

 約15万円も節約できます!!

 あと、任意保険の方も、通勤通学から日常レジャーに代わるので安くなるだろうし・・・。
 金銭的なメリットって、かなりあるんですね。

 ただ、現実問題として完全に自転車通勤オンリーにすることは、今のワタシにはちょっとムリかも。
 自転車通勤のお試し期間を無事に終えただけですし・・・。

 でも、可能なら、すごいですよね。
 色々な出費を絞って、他に節約できるトコロを見つけられないワタシの場合・・・通勤費の節約って、残された節約の部分でもあるし。

 ワタシとよく似た環境の方で、通勤費の節約を考えておられる方には参考になったのではないでしょうか?
 ママチャリでも、なんとかなりますよ、チャリ通勤。

 ワタシは自転車通勤、続けます♪


 

■節約マイカー・ライフ■
車は必要か?
 車を所有する理由
 車を乗りかえる
くるまの経費を節約しよう
 燃費の計算してみよう
 省エネ運転を心がける
 車検だって安くなる
 JAF会員のままでいいの?
ガソリン代の安くなるカード
違反をしない
自転車通勤で一石二鳥の節約
自転車通勤で節約の結果
新車購入!ケチケチ奮闘記
 (別窓で開きます)
愛車無料査定レポート

▼カーライフ便利リンク
保険の窓口 インズウェブ
 自動車保険一括見積りサービス
中古車買取なら、ガリバー【無料査定】
carview愛車無料査定
新車の無料見積オートバイテル・ジャパン!