マンション購入までの道〜田舎OLセツヤクの心得

  選択肢(比較してみた)


 資料を集める

 新築マンションのモデルルームを見学した後、他の新築マンションの資料も集めました。
 カタログを送ってもらうと荷物になるので、新聞広告を片っ端から集めて検討。

 この田舎では新築マンションなんてそんなに数はないと思っていたのです。
 しかし探してみれば・・・あるわあるわ(笑)。
 わらわら出てきました。

 新聞広告の中から、立地条件のよいと物件を5つほど選び出しました。
 具体的に検討するために、5物件の資料を請求。

 新築のマンションはペットに関しては悩む必要がありません。
 全部ペットOK。
 むしろ「ペット共生マンション」とかいう、ペットを飼うことを推奨するような施設まであります。

 新築に関しては一番の条件がクリアされますので、他の条件を検討してみました。

 【立地】基本的にすべての物件で条件をクリアしていました。
 【間取り】・・・地方のマンションだからでしょうか、ファミリー物件ばかりなので、3LDKが基本。
 3LDKを間取り変更して2LDKというものありますが、基本はファミリー向けです。

 そして一番肝心なのが・・・価格です。
 【価格】2300万円〜2800万円

 ・・・高いっ!!

 都会のマンションに比べたら、もの凄く格安かもしれません。
 しかし・・・ワタシの経済力では、手が出ません(涙)。

 にゃんこ2匹を連れてゆくなら、この金額を払わねばならないのか・・・。
 払えるのか?



 シュミレーションをしてみた

 中古マンションを買うことを考えていたため、新築マンションでのローンの支払いとか、自分がどれだけ借りられるのかとか、考えた事はありませんでした。

 実際のところ、ワタシはいくらの物件が購入できるのでしょうか?
 本当に新築マンションは手が出ないのか?

 色々探して、「小島ひろ美式簡単計算法」で試算してみました。
 こちらで試算すると、ワタシが購入できそうな物件は「2280万円くらい」とのこと。

 いやいや、「借りられる額=買える額」ではないのです。
 「返済できる額=買える額」なのですよ。

 住宅ローンのシュミレーションは色々な銀行のサイトで試算できるようになっています。
 厳密な試算はおいておいて、大雑把な試算でいいから・・・と、試算してみました。

 物件価格2280万円−頭金の金額を借りるとします。
 現在の金利で35年ローンの場合・・・月々の支払額はいくらになるのか?
 金利にもよりますが、ワタシの場合・・・4〜5万円でした。

 マンションの場合、管理費とか修繕積立費なども必要です。
 その額を12000円くらいとすると、月々の返済額(住居費)は5.5〜6.5万円

 賃貸でペット可のアパート(もしくはマンション)に住むよりも安上がりです。
 がんばってみようかなぁ、と思いはじめました。

 現場を見に行く。

 中古マンションに後ろ髪惹かれつつも、取り寄せた資料の新築マンションを見に行くことにしました。
 あ、見に行くといっても、「モデルルーム見学」ではありません。
 マンションの建つ土地を確認しに行くのです。

 地図だけを見ても、分からないことって多いんですよね。

 【新築1】会社に一番近いマンション。
 とにかく近いので、通勤は楽。
 隣にコンビニもあって便利。
 目の前も公園だし、環境はよさそうです。
 しかし・・・会社から近いので、残業後に再び見に行ったら・・・ダメダメでした。
 繁華街が近くにあるせいか、マンション前の道路が代行車両の溜まり場になってるんですよ。
 タクシーも多いし、酔っ払いもいてウルサイ。
 夜の治安が最悪でした。

 【新築2】モデルルームを見学したマンション。
 交通量は多くない。
 スーパーは隣に。
 コンビニは通勤ルートに2軒。
 夜も昼も静かです。

 【新築3】会社に2番目近いマンション。
 商店街に隣接でお買い物環境はバツグン。
 ただ、夜遅くまでざわざわとした空気があって、落ち着かないかも。
 8月のお祭りのときは最悪かも(涙)。

 【新築4】今借りている月極め駐車場に近いマンション。
 徒歩圏内にスーパーはあるけれど、通勤ルートにお買い物できるコンビニがない。
 夜は静か。昼間は・・・小学校が近いのでどうだろう?

 【新築5】一番遠い物件。通勤は自転車でないと無理なところ。
 買い物はとても便利。
 ファミレスも近隣に多くある。
 もの凄く便利なのですが、交通量が多くて、若干騒がしい。


 とまあ、カタログだけでは分からないこともイッパイありました。
 立地や周辺環境だけは、自分の目で確かめておかないといけませんよね。
 チラシやカタログには、欠点は書いてませんし。
 騒音などは、人によって許容レベルが違いますから、絶対に自分で確かめるべきです。


 新築か、中古か、再び。

 新築マンションの諸条件とお値段で比較しますと、こんな感じです。

 間取りに関しては、広さではなくて、使いやすい(住みやすい)間取りなのかどうかが判断基準です。
 間取りの図面に家具の配置などを書き込んだり、動線を引いてみたりして自分なりに住みやすい間取りの部屋を選びました。

 価格については、高すぎて手が出ない物件は最初から選択肢に入れていません。
 なので、高めな物件は△で、比較的安めな物件は○で評価しました。

立地・環境 買い物 間取り 価格
新築1 ×
新築2
新築3
新築4 ×
新築5 ×

 こうやって見ると、唯一モデルルームを見た物件【新築2】って、条件的にかなり良いのですねぇ。

 しかし、新築物件を買うと決めたわけではないのです。
 中古物件との比較が必要。

 中古なのか、新築なのか、このあたりで決めないといけません・・・。


  20080917 
 
 ◆TOP
■マンション購入までの道■
きっかけ
譲れない条件
中古? 新築?
モデルルーム見学
選択肢
・購入決定
・マンションのお値段


   

【マンション探し】
リクルートの住宅情報ナビ
 一括資料請求できます。
 →新築マンション
 →中古マンション

【引越し】
・引越し達人セレクト
 引越し、最大15社一括見積り!
引越し比較.com 
 70社以上の引越し会社
 厳選8社へ一括見積もり!
引越大手比較.com