マンション購入までの道〜田舎OLセツヤクの心得

  モデルルーム見学


 とりあえず、見に行こう

 中古にするのか、それとも新築にするのか。
 とりあえず、分譲マンションがどういうものなのか見に行こう、ということで、まずは中古マンション(数少ないペット可物件)を見に行きました。
 不動産屋さんの案内で。

 【物件1】 築34年の3LDK
 【物件2】 築27年の3DK
 物件2→物件1の純で案内されたのですが・・・アレ?というカンジ。
 リクルートの住宅情報ナビとかで紹介されている他県(主に都会)のマンションとは、趣が違います。

 「これ、本当に分譲マンションですか?」
 「賃貸マンションなのでは?」
 「マンションというよりも、団地なんですが」


 ぼんやりと思い描いていた「分譲マンション」の絵と全く違うのです。
 まあ、中古だし、仕方ないかな。
 リフォームしたら問題ないかもしれないし。


 と、とりあえず見に行ったペット可の物件には、可もなく不可もなくという感想でした。
 この2つの物件だけしか見てなかったら、多分【物件1】で決まっていたのではないかと思うのです・・・。



 オープンハウスのお知らせ

 毎日のようにチェックしていた不動産屋さんのサイト。
 その不動産屋さんは、中古分譲マンションの販売をメインにやっておられるところです。
 そのサイトに、オープンハウスのお知らせがありました。

 オープンハウスとは。
 空き室や新築の完成物件を披露するコト。
 事前予約無しでも見学OKの場合が多いです。

 その物件は、ペット不可のマンション。築21年だったかな。
 先に見学した物件1と2があまりにも汚くてイマイチ踏み切れないでいたワタシは、
 「ペット不可だから買わないけど、オモシロそうだから見に行ってみようか〜」
 というノリで友人を誘い出かけました。

 【オープンハウスの物件】 築21年 3LDK 9階の南向きで見晴らしは最高。

 エントランスがキレイでした。
 交通の便も良くて、お買い物も徒歩1分でOK。
 エレベーターもスムーズに動いてるし、廊下もキレイ。

 そしてお部屋は・・・。

 とってもキレイ。
 すっごくキレイ。
 バリアフリーじゃないけど、21年前の建物とは思えないくらい、
 
清潔でキレイ

 中古なのに、新品みたい・・・。

 ノックアウトでした。
 中古マンションでも、こんなにいい物件があるのか。
 ペット不可なら、こんなにいい物件が、物件1と300万円しか値段変わらないのに・・・。


 このオープンハウスをきっかけに、心がかなり揺れ動きました。
 ペット不可でもいいんじゃない?
 コッソリ飼っちゃえば、いいんじゃない?
 ネコだから鳴き声は心配ないと思うし。

 どうする?
 どうする、ワタシ?


 新築のモデルルーム、見に行ってみようかな・・・。

 ぐだぐだと悩むのと同時進行で、新築マンションの方も少し検討していました。
 何せ新築マンションなら、正々堂々とネコが飼えます。
 コソコソする必要もなければ、後ろめたい思いをすることもないのです。

 でもお値段が・・・。
 予算があまりにもオーバーしすぎてたので、絶対に買わないだろうなぁと思ってました。
 絶対に買わない。
 でも、来場特典がマグカップだから、もらいに行こう(←オイ)

 そして来場予約をしてたずねていった新築マンションのモデルルーム。

 中古物件の見学と違い、新築のモデルルームを見学するのは、色々と敷居が高いです。
 (気軽に・・・てカンジではなかった。藤田香織さんのように、蕎麦屋の帰りにぶらりと立ち寄る・・・てのは本当に少数派だと思う)

 まず、商談ブースのようなところに案内されます。
 ダイニングテーブルセットの置かれた小部屋が4〜6つほどあります。
 テーブルの上には、販売マンションのチラシやセールスボードがたくさん。
 「担当を呼びますのでこちらでお待ちください」
 ・・・もう担当、決まってるんですか?
 このあたりから「気軽に」とか「絶対に買わない」という決心が危うくなる。
 来場予約を入れると、担当営業マンが決まっちゃうのね?
 担当ってくらいだから、売る気満々なのよね?
 買わずに無事モデルルームを去ることはできるのだろうか・・・不安だ

 しばらくして現れた営業さんは、ワタシと同年代。
 気楽な口調で自己紹介から始まり雑談へ。
 このカンジなら、買わずにサヨナラも楽そうだ。

 と思ったのが大間違い
 雑談からはじまった会話は、いつの間にか営業さんのセールストークにすり替わってました。
 巧いぞ、話術。

 「購入の自己資金はどのくらい?」(少ないです)
 「月々の返済はどれくらいだったら可能ですか?」(少なければ少ないほど助かる)
 「高さにこだわりあります?」(低すぎなければどの階でも)
 「便利でいい立地ですよ。しばらく出ないくらい良いです」(本当に、便利でいいところよね)
 「特に耐震は凄いんですよ、ウチ」(建築中の写真をいっぱい見せられた)
 「内装も他社さんと比べてグレード高いのに、この価格なんですよ」(ワタシまだ価格しか見てません)

 そうしていつの間にかローン返済シュミレーションが始まっていました。

 ・・・あのぉ、ワタシまだ、モデルルーム見てませんが?

 モデルルームを見に来たハズになのに、見せてもらえず商談が始まっちゃってました。
 ココでワタシは、次の点を強く、つよく、ツヨク、強〜く主張。

 ・月々の返済は、諸経費(管理費や修繕積立金など)コミで6万円以内

 ワタシの収入でしたら、これ以上はキツイのです。
 ローンの返済だけで6万円ではなく、諸経費コミで6万円。
 はい、かなりムチャです(苦笑)

 でもこれは作戦。
 だって、新築なんて買えないんだもーん。

 流石の営業さんも、沢山シュミレーションして諦めました。
 一番安い部屋でシュミレーション。
 しかし、どうやってもワタシの出した条件では、6万円以内はムリだ、と。


 やっとモデルルームを見学。

 諦めた営業さんは、やっとワタシをモデルルームに案内してくださいました。

 建物内モデルルームは、実際に販売しているお部屋を見せてもらえます。
 しかしワタシが訪れたのは、建物外モデルルーム。
 実際の物件から少し離れたところに簡易に作られたモデルルームなのです。

 簡易とは言っても、きちんとしたものを作っていないと見本にはならないわけです。
 モデルルームのお部屋は、販売予定の間取りの中の一番広い部屋でした。

 キレイ〜。
 広〜い。
 便利〜。


 玄関は広く、収納もシッカリと考えられて作られています。
 洗面所もひろいし、収納もバッチリ。
 お風呂も広くてキレイ。
 トイレも広いし、収納もある。
 キッチンって・・・最新のキッチンって、こんなに便利なんだ?

 ドアの開閉も静かで軽い。
 天上も高い。
 各部屋の収納もたっぷりある。

 いいなぁ、新築マンションって。
 いやいや、買う気にはなってませんよ(まだ)。

 こういうキレイで広くて使いやすそうでオシャレなモデルルーム見たら、最初は渋っていても思わず買っちゃう人もいるかもしれない。
 「こんなマンションに住みた〜い」ってね。

 営業さんもそれを期待していたのかもしれません。
 しかし、ワタシには通用しませんでした(苦笑)。

 広くてキレイだけど、ワタシには広すぎるし。
 それに、キレイ過ぎて何となく怪しく感じたんですよね。
 疑問点をどんどん質問してゆきました。

 「リビングのこの壁は、オプションですか?」
 「特別仕様で、実際のマンションでは使用できない大理石です」
 実際の部屋に使えない壁を作るなよ・・・。

 「和室のこの段差は、変更できますか?」
 「この段差は、モデルルームの施工ミスです。
 バリアフリー設計なので本当ならフローリングとの段差はありません」

 だったら直しなさいよ・・・。

 とまあ、モデルルームを見ても「無理して買っちゃおうかな」なんて事にはならず。
 「頭金をためてから出直します」
 とモデルルームを後にしました、マグカップを頂いてから。

 これ以後しばらくは、オープンルーム見学も、モデルルーム見学もしませんでした。
 時間をあけよう、と考えたので。

 ペット可の中古で丁度良いのが出るのを少し待ってみようと思ったんですね。
 結局は中古を諦めて新築購入となったわけですが。

 しかも実際に購入したのはこのモデルルームの物件。
 不思議ですよね〜。

  20080903 
 
 ◆TOP
■マンション購入までの道■
きっかけ
譲れない条件
中古? 新築?
モデルルーム見学
選択肢
・購入決定
・マンションのお値段


   

【マンション探し】
リクルートの住宅情報ナビ
 一括資料請求できます。
 →新築マンション
 →中古マンション

【引越し】
・引越し達人セレクト
 引越し、最大15社一括見積り!
引越し比較.com 
 70社以上の引越し会社
 厳選8社へ一括見積もり!
引越大手比較.com